パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB・パワプロ2018】児玉 利一(三塁手)①【パワナンバー・画像ファイル】

 

歴代ベストナインの続きです。

今回は児玉利一。

 

f:id:halucrowd:20190913014233j:plain

ご尊顔

 

では能力

f:id:halucrowd:20190913014255j:plain

f:id:halucrowd:20190913014258j:plain

児玉 利一

1951~1958

ポジション:三塁手 一塁手 (投手) 投打:右投右打

経歴:大分商業学校→明治大学→全大分→名古屋ドラゴンズ中日ドラゴンズ大洋ホエールズ

 

通算記録

868試合 .278(2811打数781安打)  139二塁打 11三塁打 51本塁打 352打点 302得点 32盗塁(.571) 

250三振 414四球 20死球 16犠打 13犠飛※ 77併殺 出塁率.374 長打率.390 OPS.764

 

【打撃キャリアハイ】1955年

108試合 .315(355打数112安打)  21二塁打 2三塁打 8本塁打 45打点 34得点 7盗塁(.583) 

28三振 40四球 2死球 1犠打 2犠飛 11併殺 出塁率.388 長打率.454 OPS.841

  

中日ドラゴンズ三塁手、児玉利一選手です。

1951年に32歳という高齢で名古屋ドラゴンズに入団。当初は投手としてもプレーしたものの試合を作れず僅か4登板、5回2/3しか投げなかった。

主に三塁手として2割後半の安定した成績を残しクリーンナップを任され、初の日本一に4番三塁手として貢献した。傑出した成績は残さなかったもののリーグ平均を上回る安定した打棒で打線を引っ張り続けた。

1957年にトレードで大洋ホエールズに移籍。移籍初年度は成績を残せなかったものの翌1958年には打率.275でリーグ9位の打率と10本塁打を記録した。しかし年齢のこともあってかこの年で現役を引退。

引退後は大洋でコーチを務め、テレビやラジオなどで解説者として活躍。

2008年9月3日に前立腺がんのため死去。享年89歳

 

査定について

基礎能力

当時としては本塁打がそこそこ出ているがそこそこ程度なので弾道は2。

ミートは打撃でもそれなりに傑出していたことから若干盛った。

パワーは弾道を気持ち低めにしたことを考慮して少し高めに。

走力は盗塁企図数などを考慮してそこそこ程度に。

守備は全体的に平均的らしいのでそれっぽい感じにした。

特殊能力

チャンスE:当時の打低具合などを考慮してもクリーンナップを打っていたにしてはかなり打点が少ないため。

対変化球○:カーブ打ちの名人。

サヨナラ男:晩年ではあるものの2年連続でサヨナラ本塁打を放った。

併殺:併殺数はまばらではあるものの全体的に多いため

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20190913014348p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

 その他の選手はこちら

www.heroin-powerpro.com