パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB・パワプロ2018】島本 和夫(投手)※1950年【パワナンバー・画像ファイル】

松竹計画の続きです。

今回は島本和夫。

 

ご尊顔はまたもやありません。

 

 

では能力。

f:id:halucrowd:20200118042911j:plain

f:id:halucrowd:20200118042917j:plain

f:id:halucrowd:20200118042921j:plain

島本 和夫

1948~1954年

ポジション:投手 投打:右投右打

経歴:和歌山商業学校→大陽ロビンス松竹ロビンス洋松ロビンス

 

通算記録

59登板(内29先発) 274回1/3 4.20 勝率.321 9勝19敗 -H -S

完投15 完封0 奪三振83(率2.72) 四球144 死球9 四死球率5.02 暴投1 被本塁打17(率0.558) 被安打286 失点148 自責点128 WHIP1.57

 

【1950年度成績】

1登板(内0先発) 3回0/3 27.00 勝率.--- 0勝0敗 -H -S

完投0 完封0 奪三振3(率9.00) 四球6 死球1 四死球率21.00 暴投0 被本塁打0(率0.000) 被安打5 失点9 自責点9 WHIP3.67

 

松竹ロビンスの速球投手、島本和夫選手です。

1948年に大陽ロビンスに入団。しばらくは二軍生活が続き、初優勝の1950年には1試合に登板し3回9失点で全くいいところを見せれなかった。翌年は出場機会を増やしたものの成績は特別向上しなかった。

しかし1952年は主力が大きく抜け落ちたこともあって出場機会が激増。234回1/3を投げて防御率3.68と小林恒夫らとともに松竹ロビンス最後の年を支えた。翌年は再び出場機会がほとんどない状態になり、1954年は1軍出場をすることなく同年限りで現役を引退した。

 

 

 

査定について

1950年の査定になりますが、後年の1952年の成績も加味しています。

右の速球派ということで球速は速くしましたが、こちらのブログより「正直すぎた投球」とのことであえてノビEにしています。

そのほか速球投手としてそれっぽくまとめあげました。また「プロ野球選手に必要な強靭さが足りない」とのことだったので打たれ強さFにしています。 

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20200118042957p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

その他の選手についてはこちらから!

www.heroin-powerpro.com