パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB・パワプロ2018】渡辺 誠太郎(投手)※1950年【パワナンバー・画像ファイル】

 

松竹計画の続きです。

今回は渡辺誠太郎。

 

f:id:halucrowd:20200109190455j:plain

ご尊顔

 

 

では能力。

f:id:halucrowd:20200116014516j:plain

f:id:halucrowd:20200116014520j:plain

f:id:halucrowd:20200116014526j:plain

渡辺 誠太郎

1941~1951年

ポジション:投手 一塁手 投打:右投右打

経歴:士崎商業学校→阪神軍&大阪タイガース大陽ロビンス松竹ロビンス大洋ホエールズ

 

通算記録

149登板(内59先発) 637回0/3 3.79 勝率.469 30勝34敗 -H -S

完投18 完封4 奪三振158(率2.23) 四球245 死球9 四死球率3.59 暴投2 被本塁打35(率0.495) 被安打687 失点334 自責点268 WHIP1.46

 

【1950年度成績】

21登板(内5先発) 89回0/3 4.35 勝率.833 5勝1敗 -H -S

完投1 完封0 奪三振21(率2.21) 四球32 死球1 四死球率3.34 暴投0 被本塁打10(率1.011) 被安打100 失点45 自責点43 WHIP1.483

 

阪神と松竹を渡り歩いた渡辺誠太郎選手です。

1941年に阪神軍に入団。若林らを始めとする厚い選手層に阻まれてか出場機会はかなり少なかった。1944年に従軍のためプロ野球を離れることに。

1946年に復帰。戦後間もない時期で選手不足のためか投手のみならず一塁手としても出場。開幕投手も務めあげて172回1/3と266打席に出場して投打両面で戦後間もない阪神を支えた。また同年の7月26日の試合では13時15分から14時10分の55分間で9回を投げ切って完封勝利を果たした。無論、プロ野球史上最短試合時間記録である。

1948年に大陽ロビンスに移籍。大きな活躍は出来なかったものの投手陣を支えた。翌1949年からは抑えのような起用法中心となり、ロングリリーフで活躍。

1950年には出場機会が減ったものの大きな援護に助けられて5勝を挙げた。翌1951年に大洋ホエールズに移籍するものの活躍は出来ずに同年限りで引退。以後、野球界での活躍はなく2013年6月22日に死去。享年91歳。

 

 

 

査定について

1950年を中心に査定しています。

基礎能力

球速は不明ですが、軟投派なので低めに。

コントロール四死球率などからなんとなく。ただし野球雲さんの記事から「コントロールを覚えればものになる」と書いてあるため低めにしようかなーと思ったんですが、1950年の選手名鑑に「コントロールにたよる」と書かれているので高めにして四球つけときました。

スタミナは主にリリーフだったことと回またぎ〇があるのでCに乗る程度に。

変化球

ドロップとカーブ。カーブはスローカーブにしました。

カーブ以外の情報が見つからなかったのでカーブ系のみです。

特殊能力

対左打者F:右投げのカーブ使いなので。

球持ち〇:長身からのドロップが武器だったようなので。 

スロースターター:登板の序盤の失点が多いため。

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20200116014629p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

その他の選手についてはこちらから!

www.heroin-powerpro.com