パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB・パワプロ2018】大島 信雄(投手)【パワナンバー・画像ファイル】

 

松竹計画の続きです。

今回は大島信雄。

 

f:id:halucrowd:20200109020509j:plain

ご尊顔

 

 

では能力。

f:id:halucrowd:20200113215636j:plain

f:id:halucrowd:20200113215642j:plain

f:id:halucrowd:20200113215646j:plain

大島 信雄

1950~1955年

ポジション:投手 投打:左投左打

経歴:旧制岐阜商業学校→旧制慶應義塾大学→大塚産業→松竹ロビンス名古屋ドラゴンズ中日ドラゴンズ

 

通算記録

162登板(内97先発) 884回1/3 2.82 勝率.610 64勝41敗 -H -S

完投41 完封14 奪三振273(率2.78) 四球263 死球7 四死球率2.75 暴投7 被本塁打43(率0.438) 被安打843 失点360 自責点277 WHIP1.25

 

【1950年度成績】キャリアハイ

34登板(内30先発) 225回1/3 2.03 勝率.833 20勝4敗 -H -S

完投13 完封5 奪三振70(率2.80) 四球75 死球1 四死球率3.04 暴投0 被本塁打9(率0.359) 被安打197 失点70 自責点51 WHIP1.207

 

セリーグ初の新人王にして最年長新人王、大島信雄選手です。

高校・大学・社会人とエースを背負い続け、1950年に松竹ロビンスに入団。この時点で29歳のオールドルーキーであった。ルーキーイヤーから速球と内角を縦に落ちるカーブで打者を打ち取り続け、1年目にして20勝4敗、防御率2.03で最高勝率と最優秀防御率を記録。この年に制定された新人王にも輝き、セリーグ最初の新人王となり*1セリーグの初優勝に大きく貢献した。

日本シリーズでは新人ながら第1戦に登板。松竹のホームゲームであったため日本シリーズ第一球を投じた選手でもある。しかし若林忠志との延長12回まで続いた投手戦に敗れて日本シリーズ初の敗戦投手にもなってしまった。

1952年に名古屋ドラゴンズに移籍。年齢のためか出場機会を徐々に減らしていき、1955年にはわずか2登板の出場に留まって同年限りで引退。1954年の日本シリーズにも登板し、敗戦投手となったものの打者としても出場。2塁打を2本放って球団初の日本一に貢献した。

引退後は野球解説者や評論家として活躍。執筆活動にも精を出しており、野球の解説書や野球の指導書なども執筆するなど野球界に貢献。1969年から1971年は水原茂の下で中日の一軍投手コーチを務めた。

2005年1月8日に肺炎のため死去。享年83歳。 

 

 

 

査定について

1950年を中心に査定しています。

基礎能力

球速は不明ですが、速かったようなのでそこそこ速めに。

コントロール四死球率などからなんとなく。内角を攻めていた割には死球が少ないので若干上方修正している。

スタミナは1試合で投げる投球回はそこまで多くない感じだった(日に寄るが)のでB後半に。

変化球

ドロップとシュート。ドロップを多投していたようなのでドロップを6に。シュートは3。

特殊能力

対左打者D:右打者のインコースにドロップを投げるのが武器だったのでEとかにしようかと思いましたが、シュートが投げられる上にサイドスローに近い投球だったので間を取りました。

内角攻め:右打者のインコースを攻めるようだったため。

逃げ球:被本塁打がかなり少ないため。

寸前:勝ち越していた点を埋められることが多い印象なので。リード時×みたいなのがないのでこれで代用しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20200113215703p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

その他の選手についてはこちらから!

www.heroin-powerpro.com

*1:パリーグの新人王は荒巻淳