パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB・パワプロ2018】井筒 研一(投手)※1950年【パワナンバー・画像ファイル】

松竹計画の続きです。

今回は井筒研一。

 

f:id:halucrowd:20200110030154j:plain

ご尊顔(職業野球!実況中継さんより拝借)

 

 

では能力。

f:id:halucrowd:20200116014653j:plain

f:id:halucrowd:20200116014657j:plain

f:id:halucrowd:20200116014702j:plain

井筒 研一

1939~1952年

ポジション:投手 投打:右投右打

経歴:明石中学→ライオン軍&朝日軍&パシフィック&太陽ロビンス大陽ロビンス松竹ロビンス

 

通算記録

245登板(内133先発) 1278回1/3 3.47 勝率.397 48勝73敗 -H -S

完投60 完封12 奪三振258(率1.82) 四球424 死球16 四死球率3.10 暴投7 被本塁打59(率0.415) 被安打1319 失点643 自責点493 WHIP1.36

 

【1950年度成績】

24登板(内15先発) 122回1/3 3.95 勝率.692 9勝4敗 -H -S

完投4 完封0 奪三振32(率2.35) 四球42 死球2 四死球率3.24 暴投0 被本塁打10(率0.736) 被安打119 失点73 自責点54 WHIP1.316

 

松竹のアンダースロー、井筒研一選手です。

1939年にライオン軍に野手として入団。当初は三塁手として出場していたものの打撃は振るわず守備も失策を多く生み守備率は.864と活躍できず、翌年に外野手として出場しながらも投手としての出場を増やした。1942年から4年間は従軍のため野球から離れることに。

1946年に朝日軍の後継であるパシフィックに戻り完全に投手として転向。真田重蔵と共に投手陣を支えた。しかし1948年から成績を落とし、1950年は主に先発として登板。被打率も下がり、打線の援護を受けて自身唯一となる勝ち越しも果たした。

しかし成績は戻らず1952年に松竹ロビンス解散と共に引退。以後野球界にかかわった形跡はない。

 

 

 

査定について

1950年を中心に査定しています。

基礎能力

球速は不明ですが、アンダースローであることから低めに。

コントロール四死球率などからこのあたりに。球速が低い分少し補正をかけています。

スタミナは12イニング完投などもしていますがこのあたりに。

変化球

カーブとシュート。またアンダースローは落ちる球を投げやすいことから勝手にシンカーを付け加えました。総変化は7。

特殊能力

対ピンチF:被打率などを考慮しても失点が多いため。LOB%も60.4%

対左打者Fアンダースロー要素。

ノビB球持ち〇リリース〇アンダースロー要素

シュート回転アンダースロー要素

軽い球本塁打数がそこそこあるため。また被打率に対する失点も多いため長打が多かったと推測。

 

余談

アンダースロー要素にかなり頼りました。シンカーに関してはほとんどでっち上げに近いですが、そういうのを駆使しないと同じ時代の選手に差が全く出ないのでいいでしょう。

 

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20200116014751p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

その他の選手についてはこちらから!

www.heroin-powerpro.com