パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB・パワプロ2018】武智 文雄(投手)【パワナンバー・画像ファイル】

こんな選手がいたんだ(*^○^*)シリーズです。

 

f:id:halucrowd:20200523134130j:plain

ご尊顔

 

 

では能力。

f:id:halucrowd:20200526143220j:plain

f:id:halucrowd:20200526143222j:plain

f:id:halucrowd:20200526143225j:plain

武智 文雄(1954年までは田中文雄

1950~1962年

ポジション:投手 投打:右投右打

経歴:旧制岐阜商業学校→大日本土木近鉄パールス近鉄バファロー(ズ)

 

【通算成績】

401登板(内253先発) 2015回0/3 2.97 勝率.422 100勝137敗 

完投98 完封19 奪三振773(率3.45) 四球381 死球28 四死球率1.83 暴投8 被本塁打120(率0.536) 被安打1952 失点836 自責点664 WHIP1.16

 

【キャリアハイ】1954年

47登板(内34先発) 307回1/3 2.16 勝率.634 26勝15敗 

完投23 完封2 奪三振132(率3.87) 四球41 死球3 四死球率1.29 暴投1 被本塁打14(率0.410) 被安打266 失点92 自責点73 WHIP1.00

 

 

創設から近鉄の暗黒時代を支えた主力投手、武智文雄選手です。

1950年に創設されたばかりの近鉄パールスに契約第一号として入団。2年目から主力投手として200イニング以上投げたものの創設当初の近鉄は非常に弱く、勝ち星に恵まれないでいた。1954年には打線がつながったことや自身もキャリアハイとなる防御率2.16を挙げる活躍で26勝で最多勝を記録。

翌年の1955年6月19日ではプロ野球史上2人目の完全試合を達成した。しかし、1957年から成績を落として徐々に出場機会が減っていき、1962年を最後に引退。実働13年で9度の最下位を味わった。

引退後は近鉄の二軍コーチを務めて佐々木宏一郎をアンダースローとして育てて、球団二人目の完全試合達成者となることに。

2013年7月1日心不全のため死去。

 

 

 

査定について

キャリアハイを中心に見ています。

基礎能力

球速は不明ですが、アンダースローなのでかなり控えめに。

コントロール四死球率などから見ても明らかにいいので思い切ってSに。

スタミナはなんとなくAに。

変化球

おさーるDATA BOXさんからシンカー、シュート、カーブを確認。シュートの表記が多かったですが、アンダースローの特性上シンカーが投げやすく、多分シュートとあまり見分けがついていなかったっぽいのでシンカーを強めに。総変化は9。

特殊能力

対ピンチE:この時代のLOB%と比較すると全体的に低め。とは言え弱小球団にいたことから失点が多くなったことが考えられるのでEにとどめた。

対左打者Eアンダースロー要素。とは言えシンカーを武器にしていたのでそこまで弱かったかは不明。そもそもこの時代に左打者は少ないですが。

ノビB球持ち○アンダースローで球速を落とした補填。

 

 

 

余談

2016時代に作成だけしていたことを思い出してこちらでもやりました。

登録名ですが、カッコいいので「武智」の方にしました。

 

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20200526143341p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

その他の選手についてはこちらから!

www.heroin-powerpro.com