パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB・パワプロ2018】林 義一(投手)【パワナンバー・画像ファイル】

 

記録を見て作りたくなったよシリーズです。

 

f:id:halucrowd:20200620235402j:plain

ご尊顔(コーチ時代)

 

 

では能力。

f:id:halucrowd:20200626000241j:plain

f:id:halucrowd:20200626000243j:plain

f:id:halucrowd:20200626000246j:plain

林 義一

1949~1958年

ポジション:投手 投打:右投右打

経歴:徳島商業学校→明治大学大王製紙→全徳島→大映スターズ→阪急ブレーブス

 

【通算成績】

281登板(内180先発) 1785回0/3 2.66 勝率.500 98勝98敗 -H -S

完投138 完封18 奪三振667(率3.36) 四球382 死球29 四死球率2.07 暴投9 被本塁打86(率0.434) 被安打1634 失点666 自責点528 WHIP1.13

 

【キャリアハイ】1955年

42登板(内25先発) 278回0/3 2.36 勝率.559 19勝15敗 -H -S 

完投19 完封6 奪三振91(率2.95) 四球48 死球6 四死球率1.75 暴投3 被本塁打10(率0.324) 被安打239 失点89 自責点73 WHIP1.03

 

大映スターズのエースであった林義一選手です。

ノンプロチームの全徳島を経て1949年に大映スターズに入団。サイドスローの技巧派でブーメランのように大きく曲がるシュートや高速スライダーに加えてそれらを正確に投げ込むコントロールが武器に打者を打ち取り、1950年代前半の大映スターズのエースとして活躍し続けた。

1952年4月27日にはパ・リーグ初のノーヒットノーランを達成。出塁は1四球のみの準完全試合でもあった。

1956年にはコーチ兼任になったものの成績を大きく落として同年限りで自由契約。阪急ブレーブスに移籍するものの大きな活躍は出来ずに1958年引退。

引退後はコーチや監督を歴任して江夏豊を育て上げた。2008年1月17日死去。

 

 

 

査定について

1952年前後と1955年を参考にしています。

基礎能力

球速は不明。技巧派であることやストレートに関する記述が無なので低めに。

コントロールはリーグ随一であったことからかなり盛りました。

スタミナはそこそこ投げているのでこのあたりに。

変化球

おさーるDATA BOXさんから高速スライダーとカーブとシンカーを確認。選手名鑑からシュートも確認。

Wikipediaには「ブーメランのように投げた方に戻っていくカーブ」とか書いていましたが、どう考えてもサイドスローナチュラルシュートなのでシュートとして扱いました。シュートの評価が高かったみたいなのでシュートを5、全体で10。

特殊能力

ノビC:速球も武器の一つだったため。

リリース○: 変わらないフォームから投げ込んでいたようなので。

緩急○:チェンジオブベースが得意だったようなので。

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20200626000342p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

その他の選手についてはこちらから!

www.heroin-powerpro.com