パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB・パワプロ2018】金田 正泰(外野手)①【パワナンバー・画像ファイル】

歴代ベストナイン選手の公開です。

今日は金田正泰。

 

f:id:halucrowd:20180916232437j:plain

ご尊顔

 

では能力

 

f:id:halucrowd:20180916233236j:plain

f:id:halucrowd:20180916232805j:plain

 

金田 正泰

1942~1957年

ポジション:外野手 (一塁手) (投手) 投打:左投左打

経歴:旧制平安中学校→阪神軍&大阪タイガース

 

通算記録

1476試合 .285(5354打数1527安打)  238二塁打 103三塁打 55本塁打 568打点 881得点 187盗塁(.654) 
457三振 764四球 38死球 62犠打 6犠飛※ 22併殺※ 出塁率.378 長打率.399 OPS.777

 

【キャリアハイ記録】 1951年

116試合 .322(456打数147安打)  23二塁打 18三塁打 9本塁打 58打点 81得点 11盗塁(.733) 
34三振 70四球 6死球 5犠打 -犠飛 3併殺 出塁率.419 長打率.511 OPS.930 

 

※太字はリーグ1位の記録 赤太字は歴代1位 同様に犠飛、併殺も記録がない年があるため正確な数字ではない。

 

シーズン三塁打記録を保持している金田正泰選手です。

1942年に阪神軍に入団。戦前は良い記録を残せなかったものの戦後の1946年には.347で首位打者最多安打を獲得し、土井垣武藤村富美男らと「ダイナマイト打線」を形成した。同年オフに給料が少ないということで退団するも翌年開幕日には復帰。チームの優勝に貢献した。

1951年にはシーズン18三塁打という未だ破られていない記録を打ち立てた。1955年には球団初の開幕戦初回先頭打者本塁打を放つなど活躍するものの成績が落ち始め、1957年にはレギュラーの座を明け渡し引退。

引退後は2軍監督やコーチを歴任。1960年から1961年途中までは監督として指揮を執った。その後は解説者として活躍していたものの1972年にヘッドコーチとして首脳陣に復帰。同年4月21日からは村山実(兼任監督)の監督代行として指揮を執り、2位でシーズンを終了した。翌年は巨人の逆転V9を許したものの2位を守ったが、翌1974年は4位に後退したために辞任。

辞任後は球界から一線を引いて麻雀店とステーキ店を経営していた。1992年12月5日に急性心不全のために死去。享年72歳。

 

査定について

キャリアハイである1951年を中心に査定。

 

基礎能力

弾道は2。ラビット全盛でも2桁本塁打がやっとだったので。(というより本塁打狙いではないが)

ミートは打率や1946年の打率などを加味してB78

パワーは三塁打を多く放っていることなどから長打が多かったと思い、多めに見積もってD59

走力は三塁打を量産するためにS94まで上げた。

肩力は補殺がそれなりにあるものの左翼手であったことを考えて少し減らした。

守備はそこそこ上手かったようだが、左翼手であることを考えてB70ほどにした。走力を加味してもう少し下げたほうが良かったかもしれない。捕球は失策が結構あるので高くないように。

 

特殊能力

 

盗塁E: 走力との兼ね合いもあるものの、全盛期はまだしもこれだけの足を持ちながら通算で.666を下回っているのは盗塁が下手といわざるを得ない。

走塁A高速ベースランをつけることが面倒だったので日和りました。反省はしていない。

送球C:補殺がそれなりにあるため。

アベレージヒッター:やりすぎ感があるもののそれなりにヒットを量産していたため。

チャンスメーカー:1番起用、開幕戦初回先頭打者本塁打を祝して。

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20180916235458p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

 その他の選手はこちら

www.heroin-powerpro.com