パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB・パワプロ2018】与儀 眞助(三塁手)①【パワナンバー・画像ファイル】

歴代ベストナインの公開です。

今回は与儀眞助。

 

f:id:halucrowd:20190622175947j:plain

ご尊顔

では能力

f:id:halucrowd:20190627222743j:plain

f:id:halucrowd:20190627222745j:plain

与儀 眞助

1953~1957年

ポジション:三塁手 遊撃手 (二塁手) 投打:右投右打

経歴:ワイパフ高校→ハワイ・レッドソックス大阪タイガース大映ユニオンズ

 

通算記録

337試合 .263(1112打数292安打)  38二塁打 9三塁打 18本塁打 121打点 148得点 41盗塁(.774) 

114三振 112四球 7死球 6犠打 24犠飛※ 31併殺 出塁率.334 長打率.362 OPS.695

 

【キャリアハイ】1953年

130試合 .295(492打数145安打)  18二塁打 6三塁打 14本塁打 72打点 82得点 19盗塁(.704) 

56三振 61四球 4死球 2犠打 -犠飛 18併殺 出塁率.377 長打率.441 OPS.818

 

通算記録犠飛は記録されていない年があるため正確な数字ではない。

  

「ラリー」の愛称で親しまれた与儀眞助選手です。

1952年にハワイ・レッドソックスの選手として来日し、翌1953年に大阪タイガースに入団。開幕から藤村富美男から正三塁手を奪う形でスタメン出場。俊足強打の選手として14本塁打を含む好成績を残した。

しかし翌1954年には打撃成績を大きく落としたこともあって解雇される。

その後、1957年に大映ユニオンズに入団をすることで球界に復帰するものの成績は更に悪化して1年で退団、そのまま引退となってしまった。

その後の足取りは不明。1979年8月28日に51歳で亡くなっている。

広田順と同様にアメリカ国籍のため外国人登録。枠の問題もあって早期の退団となったと考えられる。

 

 

査定について

キャリアハイである1953年を中心に査定。

基礎能力

弾道は本塁打数がそこそこあるが、翌年に大きく成績を落としたことなどを鑑みて2。ランニングホームランもそこそこあったのではないかとも推測。

ミートはリーグ8位であるものの翌年の成績なども考慮して若干下方修正。

パワーは本塁打率よりこのあたりに。

走力は高めに。序盤に1番起用されていたことからも足が速い選手だったはずなので。

肩は三塁手、遊撃手を務めていることから高めに。

守備に関する記述がないためなんとなくでこんな感じに。

特殊能力

チャンスB:1番起用から始まっているが色々と回っている傾向からチャンスを期待されての起用と判断。打点もチーム2位。

 

 

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20190627222811p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

 その他の選手はこちら

www.heroin-powerpro.com