パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB・パワプロ2018】中西 太(三塁手)①【パワナンバー・画像ファイル】

歴代ベストナインの公開です。

今回は中西太

 

f:id:halucrowd:20190705234444j:plain

ご尊顔

では能力

f:id:halucrowd:20190705234513j:plain

f:id:halucrowd:20190705234517j:plain

中西 太

1952~1969年

ポジション:三塁手 一塁手 (二塁手 外野手) 投打:右投右打

経歴:高松第一高校→西鉄ライオンズ

 

通算記録

1388試合 .307(4116打数1262安打)  207二塁打 38三塁打 244本塁打 785打点 673得点 142盗塁(.637) 

624三振 481四球 17死球 4犠打 26犠飛※ 117併殺 出塁率.379 長打率.553 OPS.933

 

【キャリアハイ】1955年

135試合 .332(473打数157安打)  28二塁打 4三塁打 35本塁打 98打点 96得点 19盗塁(.617) 

91三振 71四球 2死球 0犠打 3犠飛 10併殺 出塁率.419 長打率.630 OPS1.049

 

通算記録犠飛は記録されていない年があるため正確な数字ではない。

  

「怪童」中西太選手です。

西鉄監督三原脩と毎日監督若林忠志の争奪戦*1の末、1952年に西鉄に入団。プロの中でも類稀なる体格を有し、1年目から12本塁打を打つ活躍を見せて新人王を獲得。

2年目には史上最年少でトリプルスリーを達成、本塁打王打点王も獲得するものの首位打者には一歩及ばず、その後も三冠王には一歩及ばなかったものの三冠王近い記録をたたき出し続け、西鉄の黄金期を支えた。

しかし1959年に利き手を負傷、さらに翌年には左手首に腱鞘炎を患ったことから出場が大きく現象。1961年に21本塁打を放つなどして回復するかと思われたが1962年から兼任監督に就任したことやケガが悪化したことなどから再び出場が激減。

1963年にはリーグ優勝に導くなどするものの出場は基本的に代打に限られ、1969年にはその年に発覚した黒い霧事件の責任もあり、現役引退と監督辞任をした。

引退後は解説者を経てコーチや監督を歴任。監督としては芽が出なかったもののコーチとしては高い評価を得ており、名コーチとして名前を挙げられることが多い。

現在も存命であり、昨年の甲子園の始球式を務めるなどした。

 

 

査定について

デフォルトに中西太がいるのでそれを元に作成。

基礎能力

基礎能力は変化なし。パワーをもう少し上げたほうがいい気もするが、個人的な感想に留まるのでなし。

 

特殊能力

チャンスE:気弱な性格であったことから。また、本人が最も忘れられない場面としてチャンスでの凡退を挙げていることから。

ケガしにくさC:元々はBであるが、途中からはケガで苦しんだ選手なのでBにするのは違うんじゃないかと思ったので。

走塁B:1本目がランニング本塁打であることや三塁打を考慮。

プルヒッター:明らかに引っ張り傾向の打者。大体左方向に飛ばしている。何故ないのか本当に不思議。またライバルであった山内一弘との対比もある。

 

シーズン5代打本塁打を放っていますが、記録が晩年であることと気弱であるということと矛盾する気がしたので代打○はなしです。

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20190705234555p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

 その他の選手はこちら

www.heroin-powerpro.com

*1:ちなみにこの争奪戦の結果、中西は早大行きが絶たれ、プロでやっていく自信がなかったために大声で泣いたらしい