パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【現役選手・パワプロ2018】ジェリー・サンズ(外野手)【パワナンバー・画像ファイル】

阪神タイガースが獲得するかと言われている選手の紹介です。

 

f:id:halucrowd:20191217205056j:plain

ご尊顔

では能力

f:id:halucrowd:20191217205229j:plain

f:id:halucrowd:20191217205233j:plain

ジェラルド ロバート サンズ

2020年~

ポジション:外野手 一塁手 投打:右投右打

 

【今季KBO成績】2019年

139試合 .305(525打数160安打)  39二塁打 1三塁打 28本塁打 113打点 100得点 1盗塁(.333) 

101三振 77四球 17死球 0犠打 5犠飛 17併殺 出塁率.400 長打率.543 OPS.943

 

阪神タイガースが獲得するとされているジェリー・サンズ選手です。

 

2011年にメジャーデビューを果たすものの、翌年以降は鳴かず飛ばずでメジャー昇格とマイナー降格を繰り返していたものの2016年を最後にメジャーでの出場はなく、2017年には2Aを経験することに。

2018年夏にKBOネクセン・ヒーローズと契約。KBOの超打高環境に即座に適応し、25試合で12本の本塁打、7打席に1本のペースで本塁打を量産し続けて持ち前のパワーを見せつけた。

今季はKBOのボールが変更となったことに伴ってKBOが打低化したものの、大きな影響はなく.305 28本 113打点で打点王を獲得。KBO球界屈指の名打者として輝いた。

打者としては基本的にプルヒッター。KBOの打低化に足を大きく引っ張られない程度には安定している選手と言えるか。直球やスライダーなど遅くないボールに非常に強く、直球が打率.299とギリギリ3割を切っている以外は全て3割を超えている。

一方で緩い球への対応力に欠けているためかカーブやチェンジアップには2割を超える程度の打率と緩急を生かした投球にどう対応していくかが課題か。

 

その実績を引っさげて阪神タイガースに入団する模様。来季ではボーアと共に阪神打線を牽引する存在となることに期待がかかる。

 

 

 

査定について

 

基礎能力

弾道は本塁打の飛距離から3くらいかなと。

ミートは実績などからこのあたりに。

パワーはそこまで距離は飛ばしていないことなどからBに乗る程度に。

走力はそんなにないので。

肩力は右翼を任されていたのでそれなりにやるんじゃないでしょうか。

守備は動き出しなどがあまり良くない感じだったので下げました。

特殊能力

対左投手F:対左OPS:.819 対右OPS:1.026

初球○:初球OPS:1.085

満塁男:満塁OPS:1.300

 

余談

スライダー絶対ぶっ殺すマンなのでその要素をどうにか付けたかったんですが、アウトコースヒッターとしてはアウトコースに強いわけでもなく、対変化球○はカーブなどにも影響するので泣く泣く何もなしにしました…。

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20191217205310p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

 その他の選手はこちらから!

www.heroin-powerpro.com