パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

パワプロ2018 公開選手回顧録~2018年5月~

振り返り記事で書いたように公開選手の反省会をします。

 

中身は特に無い。まあ「こうしたら良かったな」というのを延々書いていくだけ。

需要なんかし~らない!

 

 

大谷 翔平(5/4)

最初に公開した選手としてはまあいい出来なんじゃないかな。

いくつか不満があるとすれば①ミート・パワーの値が汚い。②捕球の値を1でも上げるべき。③ドクターKは甘え くらいですか。

個人的には「KONAMIが査定するならこうだろうなぁ」というくらいに落ち着けられたので満足。上記の不満を除いて。まあ2つ目については仕様の関係もあるので仕方ないところはある。*1

作り直す気はサラサラないのでまあ…。

 

榎本 喜八(5/7)

パワーはAにするべきだった気がする…。なんか収まりが悪いんですよね。SAじゃないと。アベレージヒッターを抜いた分の補填としてAにするべきだった。なんか弱く見える。

他はいいかな。守備もそれなりだし、特殊能力も問題なし。

とりあえず作り直すことは決まっているのでそれまでお待ちを。

 

ヴィクトル・スタルヒン(ドラフト用)(5/8)

まあこんなところに落ち着くよなぁ。と思いますが、ちょっと特殊能力抜けば良かったですね。多過ぎる。回またぎはリリーフ適正がないのでいらない。

ドラフト用なので打撃能力が必要以上に高いのもマイナスポイント。いや、投手だから能力上げないしこれでいいのか?

パワフェスの制約*2から色々妥協したところがある気がするけどこれが限界かなぁ…。

 

ヴィクトル・スタルヒン(5/9)

これが限界ですね、多分。いやカレン連れてきたり社長・大豪月で上手いことすればもう少し伸びるかな?

ちょっと要検証ですね。球持ち○はつけたかった…。

 

城島 健司(5/12,14)

イメージ通り。ジョー・バズーカを再現できたのは嬉しい。

インコースヒッターローボールヒッターの両立がシステム上不可とかいう意味不明な仕様でちょい残念な出来。まあシステム上可能でも物理的に無理だったんですが…。(技術ポイントが足りなかった)

特に不満はない。3種類も作ったので文句も無いでしょう。

 

小鶴 誠(5/22)

併殺をつけれなかったのは後悔してる。ただ物理的に不可能な領域まで行ってしまったので無理だった。しょうがない。

併殺ガチャ*3の仕様をしっかりと把握していればこんなことにはならなかった。

肩力を上げすぎた気もするが、「和製ディマジオ」らしさが出たのでOK牧場

 

飯島 秀雄(5/23)

ミート・パワーは仕様の問題なのでそこを除けば完璧な出来。

盗塁Aに投手にプレッシャーをかける効果がなくなったので完全に上手いこと再現できた。完璧。これ以上のものを出そうと思ったらミート・パワーの厳選くらいしかないでしょう。いやないな!

 

落合 博満(5/31)

見栄えは悪くは無い。が、アベレージヒッターついてないのは悪手だった気がするし、守備に関してはもう少し下げて一塁守備をもう一段階上げるべきだった気がする。

あと走力もその分上げればよかった。流石にE40は失礼なレベル。作り直す予定はない。

 

 

以上ですね。

まあ序盤なので制約の中で作るしかないのがキツイですが、それなりに作れたんじゃないですかね。結構「ダメだろ」って思ってる部分もありますが。

気が向いたら再チャレンジします。気が向いたらね。

*1:正直守備はEにしたかったけど出来なかったのがメチャクチャ不満

*2:赤特殊能力の取得が難しい

*3:パワマップの「甲子園」で「飯にする」を選ぶとランダムで併殺がつくイベントのこと