パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB・パワプロ2018】鬼頭 数雄(外野手)①【パワナンバー・画像ファイル】

ベストナイン選手の公開の続きです。

今回は鬼頭数雄

 

f:id:halucrowd:20180822161835j:plain

ご尊顔

 

では能力

f:id:halucrowd:20180822214246j:plain

f:id:halucrowd:20180822214248j:plain

 

鬼頭 数雄

1936春~1941年

ポジション:外野手 二塁手 (一塁手) 投打:左投左打

経歴:中京商業学校→日本大学(中退)→大東京軍&ライオン軍→南海軍

 

通算記録

454試合 .277(1759打数487安打)  70二塁打 31三塁打 9本塁打 190打点 181得点 80盗塁(.---) 
77三振 188四球 10死球 11犠打 7犠飛※ -併殺※ 出塁率.350 長打率.367 OPS.717

 

【キャリアハイ】1940年

102試合 .321(386打数124安打)  22二塁打 13三塁打 1本塁打 46打点 34得点 13盗塁(.---) 
14三振 37四球 1死球 2犠打 4犠飛 -併殺 出塁率.382 長打率.453 OPS.835 

 

※太字はリーグ1位の記録 盗塁成功率は盗塁死が記録されていない年があるため不明。同様に犠飛、併殺も記録がない年があるため正確な数字ではない。

 

初代ベストナインの一人であり、超弱小チームを一人で牽引した鬼頭数雄選手です。 

極端に情報が少ない選手なのであまり書けない。 

 

京商業学校が甲子園三連覇を果たした中心メンバーの一人。中京商業を卒業後は日本大学に進学するも生活苦からプロ野球選手に転じ、1936年に大東京軍、のちのライオン軍に入団。1937年秋には盗塁王を獲得する。

1940年には川上哲治と熾烈な首位打者争いを繰り広げ、打率.321で川上に1分差で勝利を収める。なお、当時のライオン軍のチーム打率は.187で鬼頭の他は全員.200を切る有様。勝率は.240と自軍の勝率よりも自身の打率の方が高いという珍記録を達成してしまった。*1

左投げでありながら二塁手も務めた最初の選手であり、歴代でも3人しかいない珍しい選手でもある。

1941年に南海軍に移籍するも前年の活躍が嘘のように不振であり、その後応召されて1944年7月にマリアナ諸島沖で戦死したとされている。享年27歳。

 

査定について

基礎能力

弾道は三塁打が多いため3に。

ミートについては当時の劣悪な環境からここまでの成績を出していることを考えてA89に。Sにしても良かったかもしれない。

パワーは三塁打数や複数本塁打を放った年があることからC63に。

走力は三塁打数や盗塁数から多めに見積もってA86

肩力はそこまで強いイメージが無かったことやレフトでの出場が多かったことなどからD59

守備もレフトを守っていたことからE43に。

捕球は守備率がそれほど悪くなかったため多めに見積もってD51に。ただし失策数が多い年もあるのでエラーで下方修正を図ってはいる。

 

特殊能力

チャンスB:打率のこともあるが、チームの打点のうち1/4近くを一人で稼いでいるので。彼を抜いて.170に満たないチーム打率でここまで打点を稼ぐのは流石に並々ならぬ辛さがあったと思われる。4番を多く打っていたことも大きい。

アベレージヒッター: このレベルになるとつけなければいけないので。

固め打ち:打率上昇を図って。

粘り打ち:三振率3.63%

内野安打○:イメージ。ここまで脚が速いならあってもいいだろう。

エラー:基礎能力の捕球の欄参照

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20180822214426p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

 その他の選手はこちら

www.heroin-powerpro.com

*1:他には1944年の岡村俊昭、2008年の内川聖一が達成している。内川…