パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB・パワプロ2018】三村 勲(三塁手)【パワナンバー・画像ファイル】

松竹計画の続きです。

今回は三村勲。

 

f:id:halucrowd:20200113032620j:plain

ご尊顔

 

では能力

f:id:halucrowd:20200125222844j:plain

f:id:halucrowd:20200125222839j:plain

三村 勲

1946~1955年

ポジション:三塁手 遊撃手 (二塁手) 投打:右投右打

経歴:飯塚商業専修学校専修大学八幡製鉄所→中部日本軍&中部日本ドラゴンズ→急映フライヤーズ大映スターズ松竹ロビンス→広島カープ

 

通算記録

901試合 .237(3008打数712安打)  129二塁打 25三塁打 61本塁打 306打点 394得点 52盗塁(.693) 

464三振 351四球 10死球 0犠打 0犠飛※ 38併殺※ 出塁率.318 長打率.357 OPS.676

 

【1950年成績】

126試合 .265(505打数134安打)  19二塁打 2三塁打 16本塁打 72打点 102得点 13盗塁(.867) 

79三振 77四球 3死球 0犠打 -犠飛 15併殺 出塁率.366 長打率.406 OPS.772

 

※は成績の残っていない年度もあるため正確な数字ではないもの。

 

水爆打線の二番打者、三村勲選手です。

1946年に中部日本軍に入団。主に三塁手として出場していたものの、球団代表で会った赤嶺氏が辞任した*1ことに伴い、1948年に金山次郎小鶴誠らとともに急映フライヤーズに入団。

1949年に再び大映スターズに移籍し、ラビットボールに助けられたこともあるが打撃が開花して3割近い打率と2桁本塁打を記録。1950年には再び松竹ロビンスに移籍。急映フライヤーズ時代からのチームメイトである金山(1番)、小鶴(3番)に挟まれた強打の2番打者として水爆打線の一角を担い、セリーグ初の優勝に貢献した。

この年はシーズン序盤は調子が出なかったものの夏前ごろから調子を取り戻して打率.265、16本塁打と中距離砲として活躍。四球をよく選び、クリーンナップにもつなげた。一方で2番打者でありながら犠打数は0と送ることは全くしなかった。

1952年で松竹ロビンスが消滅したことに伴って翌1953年に再び3人で広島カープに移籍。しかし松竹で痛めた怪我の影響もあり出場機会は大幅に減り、1955年で現役を引退。

2010年3月17日に肝細胞癌のため死去。享年86歳。

 

査定について

1949~1951年の成績を参考に査定。

基礎能力

打撃は若干確実性の薄い中距離砲に。

走力は盗塁期と数がそこまで多くないですがそれなりに守備で動けるようにしてほしいのでこのあたりに。

肩力はかなり良かったようなので高めに。

守備は「キビキビと動く」とのことからそこそこ高めに。

特殊能力

アウトコースヒッター:ゴルフスイング打法から、棒の先にボールを当てることに特化したかと推測。

固め打ち:打つときと打たないときがそれなりに激しいので。

 

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20200125222905p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

 その他の選手はこちら

www.heroin-powerpro.com

*1:赤嶺氏と中日新聞社が対立したことによる辞任