パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

オリジナルチームについてのアレコレ

以前こういう質問を頂いたんですが、自分でもRADIOを収録するような環境が整えられないので回答しておきます。

今回はそういう趣旨なので興味のない人はブラウザバックすると人生が無駄にならずに済む。

 

前提として「こんな風に仕上げたい」というのは「チームの強さ」とは別の関係として処理します。つまり「猛打投壊のチーム」とか「貧打堅守のチーム」みたいなコンセプトではなく、「どういうオリジナルチームを作りたいか」という全体の話をします。

ちなみにコンセプトで作りたいチームは特にない…というかどれもこれも作りたい人間なので「これ!」とは言えないですね。今は猛打のチーム作りたいけど…。

 

ザックリ言えば…

作りたいチームの種類は色々ありますが、大前提として「ペナントで使用して面白いチーム」というのがあります。

そもそもオリジナルチームを使用するときはどういう時かですが、基本的に2つに分けられます。単純にペナントかオンラインかです。マイライフでもある意味使えないことはないですが元チームに縛られる関係上不可能に近く、僕はオンラインで遊ぶことはほぼないので結果的にペナントを意識することになります。

ので「ペナントで使用して面白いチーム」となるんですが、じゃあそれってどういうチームやねんとなりますのでそれをババっと書いていきます。

 

使用環境を考える

まず使用環境についてです。「ペナントで使う」と書いたのでそこは確定として、基本的にオリジナルチームを12球団以上集めてペナントをする人なんて稀でプロ12球団(デフォや別年度問わず)を使用する人が殆どだと思います。

そのためその12球団から逸脱した強さになると少なくとも数年間はオリジナルチームが首位を独占することになり、これは流石に面白くはありません。そのためデフォルトの12球団から逸脱しない強さに調整する必要があります。ただし首位争いや最下位争いなど逸脱しない強さであればOKです。

また、他人のオリジナルチームは敵チームとして使用するものと思われたのでCOMの挙動についてもある程度考えました。これに関しては後述します。

 

パワプロのペナントについて

ペナントモードには色々問題点がありますが、特に注視しているのが「ドラフトに参加しなくなる」「COMがそんなに強くない」というものです。

前者は成長期を過ぎるor衰退期に入らないと選手を自由契約にしないという意味不明な仕様と成長期の到来が最短でも24歳前後とそこそこ遅いことが相まって起こる仕様で、後者については練習がおまかせと特殊能力練習に固定されていること、多分コーチも海外留学しないとかが関係しているものだと思います。

後者はプレイヤーが各自で操作しないといけないためオリジナルチーム作成者が操作できる範囲を逸脱しています。前者に関してはある程度影響できる範囲なのでこちらは操作していくことになります。

 

成長タイプについて

sisterion2.hatenadiary.jp

細かい年齢についてはパワプロ雑記帳さんがこちらにまとめてくれているので省きます。

前述したとおり、COMは微衰退期~衰退期にならないと日本人選手を自由契約にしません。ただし解雇基準を「おまかせ」から変更した場合は別だと思いますが、変更した場合は別のメチャクチャな基準で自由契約にしてくるので別の問題が生じます、ので無視します。

逆に言えばプロ10年目の選手でも微衰退期に入ってない場合はそれまで1軍出場がなくても自由契約になりませんし、そのシーズンほとんどの期間1軍にいたとしても衰退期に入っていたら自由契約になる可能性があります。デフォルトの阪神藤川あたりは抑えとして頑張っても解雇されますがそれです。

この性質を利用するとCOMがドラフトに参加しないということをある程度回避できるようになります。具体的に言えば全体的に早熟~超早熟寄りにします。これである程度の選手は早めに退場してくれてその分支配下の空きが出来るようになります。逆に言えば「主力になってほしい」と思う選手は晩成や超晩成にすればいい感じになると思います。

こちらで作成した架空球団、極亜久やんきーズをパワプロ雑記帳さんに使ってもらったときに早熟が多いことを指摘?されたんですが、これはそういう理由です。僕が作成したオリジナルチームは基本的にこの思考で作成されているため、全体的に成長タイプが早熟寄りになっています。普通ですらそこそこレアだと思います。

可能であれば年齢と成長タイプをリンクさせた表を作成して「この年に衰退期に入るから~」とやりたかったんですが、それをする時間的な余裕がなかったのでそれはやってません。なんとなくでやってます。

ちなみに全員を超晩成にすると毎年変わり映えのしないペナントが完成すると思います。メッチャ面白くないと思いますが…。

 

穴を作る

一気に話を別に転換しますが、オリジナルチームを作る上で絶対に欲しいのは「穴」です。出来れば複数あった方がいいですね。

「穴」と言えば、あるポジションで固定できる選手がいないという形になると思いますが、それ以外に「上手く世代交代が出来ない」というのもあります。固定できる選手がいても30代中盤以降で成長タイプが普通未満なら、後継者がいない場合それは「穴」になります。

IEGAグリフィンズについてはその「世代交代出来てない感」をコンセプトにしています。1,2年はいいと思いますが、3年目くらいから厳しくなってくる感じで。

「穴」つまり補強ポイントがあるとチームとして特色が出るのと、チーム全体が循環してくれるので固定化しないというメリットもあります。

 

選手設定がなされていること

オリジナルチームを作る際にしたいこととして「選手設定がある程度なされていること」があります。これは単純に没入感を増やすためです。選手の没入感を増やすことでチーム全体の没入感も増やしてプレイするときの楽しみを噛み締められるようにしたいというのがあります。

これは東海ちなヤクの巣(忍者の里から)さんの選手設定がメチャクチャきれいになされていて面白そうだったからという理由が98%くらいですが。

また、リアリチーを出すために高齢で後がない選手も作りますが、選手設定がなされていない場合はただの自由契約候補になる一方、設定がなされていると老兵として扱うことになるのでキャラが立ったり立たなかったりするというのもポイント高いです。

ただし、選手設定を全員分やるとホンマに心が擦り減るのであまりおススメは出来ないです。選手間の設定管理も大変ですし。

 

大体こんなところだと思います。このあたりを意識して4チーム作成しました。

選手個人の強さに関してはまあ全員ある程度個性をつける関係上若干強くなっていて赤特とかもマシマシになっています。これは僕個人の趣味なのでまあそういうことで…。

以上です。