パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB・パワプロ2018】稲尾 和久(投手)※ルーキー【パワナンバー・画像ファイル】

新人王キャンペーンの続きです。

 

f:id:halucrowd:20200518185736j:plain

ご尊顔

 

 

では能力。

f:id:halucrowd:20200602161158j:plain

f:id:halucrowd:20200602161201j:plain

f:id:halucrowd:20200602161204j:plain

稲尾 和久

1956~1969年

ポジション:投手 (一塁手 外野手) 投打:右投右打

経歴:別府緑丘高校→西鉄ライオンズ

 

通算記録

756登板(内304先発) 3599回0/3 1.98 勝率.668 276勝137敗 

完投179 完封43 奪三振2574(率6.44) 四球719 死球73 四死球率1.98 暴投12 被本塁打199(率0.498) 被安打2840 失点944 自責点793 WHIP0.99

 

【新人王シーズン】1956年

61登板(内22先発) 262回1/3 1.06 勝率.778 21勝6敗 

完投6 完封3 奪三振182(率6.24) 四球73 死球8 四死球率2.78 暴投2 被本塁打2(率0.069) 被安打153 失点47 自責点31 WHIP0.86

 

「鉄腕」稲尾和久選手です。

1956年に西鉄ライオンズに入団。当初は期待された選手とは程遠く、監督であった三原脩からも「打撃投手として獲得した」と公言され、実際に入団後の春季キャンプでは主力打者への打撃投手を務めた。

打撃投手としてコーナーギリギリを狙って投げる練習も兼ねて投じたことで制球力が向上。キャンプが終わるころにはその主力打者を打ち取るほどにまで成長。開幕戦で初登板を果たし、4回を無失点で切り抜けた。

敗戦処理など勝ちがつかない場面での登板が多かったためか初勝利は5月20日と遅いものの、主力投手のケガなどもあって登板機会を増やして21勝を挙げてリーグ優勝に貢献。日本シリーズにはまさかの全6試合に登板。3勝を挙げて日本シリーズの立役者となったものの豊田が毎試合安打を記録したことからMVP獲得には至らなかった。

本来はストレートしか投げられないものの、右方向に投げればシュート、左方向に投げればスライダーにナチュラルに変化することから左右に揺さぶる投球で打者を打ち取り、持ち前の「針の穴を通す」制球力で球史に残る活躍をすることとなる。

 

 

 

査定について

新人王キャンペーンなので1956年を参考にしています。

基礎能力

球速はデフォの145km/hをそのまま採用。

コントロールは色々迷った挙句Aにとどめました。

スタミナは以後の活躍を考えてこのあたりに。

 

変化球

デフォではHスライダーにシュート、フォークですが、フォークは2年目に榎本喜八にのみ投じていたことから除去。

特殊能力

ケガしにくさB:頑丈な選手ですがAだと流石に全くケガをしない感じだと思うので…。

低め○:低めに集める投球だったようなので。なんでデフォでついていないのか謎。

 

 

関係ない雑感

 

デフォで収録されているOB選手の能力考えるの普通にしんどいです。ルーキーですが、翌年から破竹の活躍をするのもあってどの位置に着陸させればいいのかわかんないですね。

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20200602161219p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

その他の選手についてはこちらから!

www.heroin-powerpro.com