パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【現役選手・パワプロ2018】エンニー ロメロ(投手)【パワナンバー・画像ファイル】

本日、入団が発表された選手の公開です。

 

f:id:halucrowd:20181203201104j:plain

ご尊顔

では能力

f:id:halucrowd:20181204001543j:plain

f:id:halucrowd:20181204001505j:plain

f:id:halucrowd:20181204001507j:plain

エンニー ロメロ

2019年~

ポジション:投手 投打:左投右打

 

【2017年MLB成績】*1

53登板(内0先発) 55回2/3 3.56 勝率.333 2勝4敗 10H 2S

完投0 完封0 奪三振65(率10.51) 四球23 死球3 四死球率4.20 暴投2 

本塁打7(率1.132) 被安打55 失点26 自責点22 WHIP1.40

 

本日、中日ドラゴンズが獲得を発表したエンニー・ロメロ選手です。

今までの最高球速は163km/hと非常に速い球の持ち主。今季は右肩の故障で様々な球団を渡り歩き、防御率も二桁を記録するなど苦いシーズンになったが、それでも150km/h後半を記録できる左腕。

基本的にはストレートで押していくパワーピッチャーで、非常に高い奪三振率を誇る。平均球速も150km/h後半と高く、速球で勝負できる逸材。

しかしこの手の選手にありがちだが、制球力は芳しくない。また、今季ケガをしていたことからその影響がどの程度あるのかも不安点ではある。

中日ドラゴンズは今季13勝を挙げたガルシア投手が退団。その代わりとしての入団と見られており、しっかりと抜けた穴を防ぐことが出来るのか期待がかかる。

 

 

 

査定について

基礎能力

球速ですが、2017年に163km/hを記録。昨季は157.5km/hが最速ですが、ケガだったことや登板数も少なかったことからその間を取りました。先発なら158km/hあたりがMAXな気もしますがこれで。

コントロールはあまり良くないことからE43

スタミナはそこまで長いイニングを投げているわけでもなさそうなのでC67に。

変化球

持ち球はカットボール、カーブ、チェンジアップ、スライダー、シンカー。

その内、スライダーとシンカーは投球数が非常に少ないので除外。

カットボールは2017年に非常によく使っていたため3。

カーブは平均球速が138km/hと非常に速く、縦変化をするようなのでドロップカーブに。

チェンジアップはそのまま。総変化は7になるように。

特殊能力

対左打者F:2016年、2017年を通して左打者成績が悪い。2017年対右打率:.230 対左打率:.295

ケガしにくさC:今季は右肩を負傷。

ノビC:直球の投球数が異常に多いため、自身があると判断。他の特殊能力との兼ね合いからCに留めた。

クイックF:ランナーがいても結構ゆっくりなフォーム。

球速安定:2017年直球の平均球速157.5km/h。

奪三振奪三振率より。

力配:2017年は4~6番打者の打率が非常に低い。3番打者もOPSは打率の割りに低い。対強打者○はデフォルト感がなかったので似たようなこちらを採用。

四球:制球難の投手。乱調と迷ったもののそこまで死球や暴投を連発するような投手でも(記録上は)ないのでこちらを採用。

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20181204001705p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

その他の選手についてはこちらから!

www.heroin-powerpro.com

 

以上。

*1:今季はケガの影響もあり出場試合数も少ないため昨季の成績を載せている