パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【現役選手・パワプロ2018】ジョニー バーベイト(投手)【パワナンバー・画像ファイル】

昨日、北海道日本ハムファイターズが獲得を発表した選手の紹介です。

 

f:id:halucrowd:20181220233833j:plain
ご尊顔

では能力

f:id:halucrowd:20181221032244j:plain

f:id:halucrowd:20181221032247j:plain

f:id:halucrowd:20181221032252j:plain

ジョン エドワード バーベイト

2019年~

ポジション:投手 投打:右投右打

 

 

【今季AAA成績】2018年

33登板(内2先発) 37回1/3 1.45 勝率.000 0勝3敗 -H 12S

完投0 完封0 奪三振37(率8.92) 10四球 1死球 四死球率2.65 暴投1 

本塁打1(率0.241) 被安打25 失点10 自責点6 WHIP0.938

 

【昨季MLB成績】2017年

24登板(内0先発) 28回2/3 4.08 勝率.000 0勝1敗 0H 0S

完投0 完封0 奪三振23(率7.22) 18四球 2死球 四死球率6.28 暴投2 

本塁打2(率1.256) 被安打25 失点13 自責点13 WHIP1.50

 

北海道日本ハムファイターズが獲得を発表した、ジョニー・バーベイト選手です。

MAX154km/hのストレートと多彩な変化球が持ち味の投手。アメリカでは基本的にリリーバーとして活躍。

球種はスライダー、カーブ、スプリットの三球種を有しており、それぞれ甲乙付けがたい武器として持っており、ストレートやスプリットでカウントを取り、平均球速140km/hのスライダーとカーブで三振を奪うピッチング。

一方で左打者に弱いことや被本塁打率がそれなりに高く、不本意な一発を招くことも。

日本ハムは先発としても期待しているようだが、リリーバーを中心にやってきた彼が適応できるのかどうかも不安要素ではある。

今後、どう活躍するのか期待である。

 

 

 

 

査定について

基礎能力

球速は今季最高球速より154km/h。

コントロールは僅かな映像を見る限り良さそうではあるもののMLBでの四死球率に引っ張られた結果この数字に。それでも盛ってる気がする。

スタミナは今季先発で最高3イニングしか投げていないことや全体として先発の成績が良いとは言いがたいものが多かったため低めに。

変化球

持ち球はフォーシーム、スライダー、カーブ、スプリット。全てそれなりに投げるため採用。

スライダーは縦横の両方があったもののMLB通算平均球速140km/hのスライダーということでHスライダーのみ採用。

カーブは縦のカーブ?のような記述があったものの球速を考えて普通の「カーブ」を採用。パワーカーブっぽいらしいが、球速安定をつけたこともあり特にどうこうということはなかった。

スプリットはそのまま。

変化量は投球数におおよそ従い、総変化は7。

 

特殊能力

対左打者F:今季AAA対左:.208 1本 対右:.181 0本 昨季MLB対左:.321 対右:.130

 

球速安定:昨季MLBフォーシーム平均球速151km/h

 

キレ○:スライダーのキレが良かったように見えたため。

一発:今季AAAでの被本塁打率は非常に低いものの全体的に本塁打率が高い。投球も高めに行きやすい。

 

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20181221032347p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

その他の選手についてはこちらから!

www.heroin-powerpro.com

 

以上。