パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB・パワプロ2018】森下 正夫(二塁手)②【パワナンバー・画像ファイル】

今朝の続きです。

今回はドラフト用。

 

f:id:halucrowd:20190827231718j:plain

ご尊顔

 

では能力

f:id:halucrowd:20190827231653j:plain

f:id:halucrowd:20190827231659j:plain

森下 正夫(本名:森下 正弘)

1952~1966

ポジション:二塁手 三塁手 遊撃手 (捕手) 投打:右投右打

経歴:八幡高校→南海土建→南海ホークス

 

通算記録

1573試合 .256(4642打数1188安打)  197二塁打 25三塁打 50本塁打 453打点 579得点 315盗塁(.733) 

410三振 309四球 74死球 75犠打 34犠飛 78併殺 出塁率.311 長打率.341 OPS.652

 

【打撃キャリアハイ】1954年

140試合 .285(498打数142安打)  21二塁打 6三塁打 6本塁打 58打点 55得点 51盗塁(.823) 

37三振 26四球 2死球 12犠打 3犠飛 9併殺 出塁率.321 長打率.388 OPS.709

 

  

50年代~60年代前半にかけて南海が活躍したユーティリティープレイヤー、森下正夫選手です。

1951年に南海土建*1に入部。都市対抗野球大会で準優勝に貢献するなどしたものの、南海土建の立場を巡って社会人野球界で騒動があり、南海土建野球部が解散。流れる形で1952年に南海ホークスに入団。

当時は「百万ドルの内野陣」と呼ばれた飯田徳治蔭山和夫木塚忠助らが現役として所属していたが、チームの若返りを図る方針も手伝って初年度よりユーティリティプレイヤーとして1軍で起用。3年目である1954年には岡本伊三美から奪う形で二塁手として定着…したかと思いきや翌年からは三塁手や遊撃手で出場し、使い勝手のいい内野手として活躍。1955年のリーグ優勝にも貢献した。

守備面以外でも1954年から3年連続で50盗塁を達成するなど走守に優れた活躍を見せた。

しかし1958年6月にアキレス腱を断裂して1年ほど休場。翌1959年に三塁手としてスタメン復帰を果たしてその年の日本一に貢献した。しかし再度1962年にアキレス腱を断裂。…と思いきや翌年にはカムバックを果たし139試合に出場。しかしその頃には成績も低迷しており、1965年の日本シリーズで低調な南海打線で唯一.300を記録する活躍を見せた*2のを最後に1966年で現役を引退。

引退後は南海や中日、大洋のコーチや二軍監督を歴任。その後中京テレビで解説者も務めたのちに台湾に渡りCPBL兄弟エレファンツ*3の助監督、監督を歴任、監督時代はチームを優勝に導いて最優秀監督も獲得するもののその行き過ぎた熱血指導が原因で退団。その後は解説者や評論家を勤める傍ら少年野球チームを設立して後身の育成にも身を注いだ。

2018年10月26日に老衰のため死去。享年85歳。

 

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20190827231822p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

 その他の選手はこちら

www.heroin-powerpro.com

*1:社会人野球に所属していたものの事実上南海の二軍

*2:なお日本一はV9初年度の読売ジャイアンツ

*3:現在は中信兄弟