パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB選手・パワプロ2018】杉浦 忠(投手)【パワナンバー・画像ファイル】

www.heroin-powerpro.com

 

これの選手です。

 

f:id:halucrowd:20180715172014j:plain

ご尊顔

 

では能力

 

f:id:halucrowd:20180715172100j:plain

f:id:halucrowd:20180715172103j:plain

f:id:halucrowd:20180715172108j:plain

 

杉浦 忠

1958~1970年

ポジション:投手 投打:右投右打

経歴:挙母高校(愛知)→立教大学南海ホークス*1

 

通算記録

577登板(内217先発) 2413回1/3 2.39 勝率.638 187勝106敗 -H -S

完投95 完封18 奪三振1756(率6.55) 四球409 死球67 四死球率1.78 暴投12 被本塁打195(率0.727) 被安打1988 失点742 自責点642 WHIP0.99

 

【キャリアハイ】1959年

69登板(内35先発) 371回1/3 1.40 勝率.905 38勝4敗 -H -S

完投19 完封9 奪三振336(率8.14) 四球35 死球11 四死球率1.11 暴投2 被本塁打17(率0.412) 被安打245 失点67 自責点58 WHIP0.75

 

 

史上最速のアンダースロー杉浦忠選手です。

1958年に立教大学から南海ホークスに入団。 立教大学時代の同期に長嶋茂雄がいる。

ルーキーながら開幕投手に選ばれ、サイドよりのアンダースローで打者を翻弄。27勝12敗とルーキーとは思えない記録をたたき出した。

珍しいアンダースローでありながら球速やノビも凄まじく、さらに武器であったカーブも空振りした左打者にぶつかるほど非常に大きな変化をするなど非常に恐ろしい投手であった。

1959年には驚異の38勝、勝率.905、防御率1.40という強烈な記録をたたき出し、投手五冠に輝いており、日本シリーズではケガをおして4連投・4連勝の大活躍をするなど大活躍だった。
同年には54 2/3イニング無失点というパリーグ記録も生み出している。*2

翌年も31勝、更にその翌年も20勝を挙げ、プロ入り最速で100勝を達成。この記録は未だ破られていない。

しかし酷使が祟った結果、血行障害となったことで成績を落とすこととなってしまい、1965年オフには引退をしたものの1966年開幕前にコーチ兼選手として復帰。抑えの切り札として活躍した。当時はセーブ記録がつかなかったためセーブ記録はない。

1970年をもって現役を引退。翌年のオープン戦で引退試合を敢行。試合記録とは別にセレモニーとしてマウンドに立ち、かつてのチームメイトである長嶋茂雄と対戦し、センター前にはじき返されヒット。この真剣勝負が杉浦の最後のプロ人生であった。*3

引退後は解説者・スポーツ評論家として活躍していたが、1985年オフには古巣である南海ホークスの監督に就任。しかし成績は振るわず、南海からダイエーに球団が売却されたことにより初代福岡ダイエーホークスの監督になったが、その年をもって引退。

再び解説者などで活躍し、マスターズリーグ 大阪ロマンズのヘッドコーチに就任するなどしていたが、遠征先で急性心筋梗塞を起こし死去。66歳であった。

 

 

 

 

査定について

基本的に1959年の記録を元にやっています。

基礎能力

デフォ(パワプロ8)より150km/hを採用。映像からの計測結果もある。が、正直150km/hとかありえないとは思っているけどOBだし下方修正するのが嫌なのでそのままで。

コントロール四死球率よりS95。正直上げ過ぎた感がある。ただし死球は荒れているというよりも曲がりすぎるカーブによる死球と考えられるのでその分を上げた結果。

スタミナは回復との関係を考慮し、S93に。

 

変化球

 

記述から正直意味が分からないほど曲がるカーブだったみたいなのでカーブは7に。

シュートも持っていたらしいので5に。正直3球種にして振り分けたかったが、他に候補がなかった。あと、デフォに従った結果というのもある。

 

特殊能力

 

対左打者E:右のアンダースローは左打者に見えやすく不利ということから。正直Fにしようと考えたが、上述の「左打者にぶつかるレベルのカーブ」から上方修正。

ノビAアンダースロー要素。実際にノビがあった。ただ、球速が150km/hでのノビAはやりすぎた感はある。

クイックF福本豊が現れていないことから。本来なら無視するところだが、あまりに強すぎることから弱体化を図らせた。

回復B:登板数より。Aにしても良かったが、回またぎ○もあるので。

奪三振:当時としては奪三振率がかなり高いので。ただここまでゴチャゴチャするなら付けないほうが良かったかもしれない。

リリース○アンダースロー要素

勝ち運:正直、当時の南海の強さと防御率を鑑みたらつけなくてもいいくらいだけど、ここはキャラ付けで。もう付きまくってるけど、ここは付けないといけない気がした。

緩急○アンダースロー要素。要らなかった気もする。

回またぎ○:当時は先発でもエース投手はリリーフも任されており、凄まじい起用であったので。

ポーカーフェイス:華々しいセリーグへの対抗心として静かに振舞っていたとのことから。

力配:黎明期のエース要素。

 

野手能力

本塁打を通算5本打つなど打撃能力もあったため、打撃能力は上昇。

走力は盗塁王広瀬叔功が負けたほどの足であることから上方修正。ただしこれは広瀬の調子が悪かった時期に競争したためであることもある。

守備はそれっぽく。

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20180715181548p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

 その他の選手はこちらから!

www.heroin-powerpro.com

*1:ソフトバンクホークス

*2:プロ野球およびセリーグ記録は金田正一の64 1/3イニング

*3:なお、長嶋は事前に記者のインタビューで「三振をするよ」と答えていたものの忘れていたのかなんなのかマジで打った