パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB・パワプロ2018】藤本 英雄(投手)①※1943年版【パワナンバー・画像ファイル】

歴代ベストナインの続きです。

今回は藤本英雄選手です。

 

f:id:halucrowd:20181009211502j:plain

ご尊顔

 

では能力。

f:id:halucrowd:20181011015348j:plain

f:id:halucrowd:20181011015350j:plain

f:id:halucrowd:20181011015353j:plain

藤本 英雄

1942~1955年

ポジション:投手  投打:右投右打

経歴:旧制下関商業学校→旧制明治大学東京巨人軍→中部日本ドラゴンズ→読売ジャイアンツ

 

【投手通算記録

367登板(内290先発) 2628回1/3 1.90 勝率.697 200勝87敗 

完投227 完封63 奪三振1177(率4.03) 四球661 死球25 四死球率2.35 暴投18 被本塁打93(率0.318) 被安打1994 失点710 自責点554 WHIP1.01

 

【投手キャリアハイ】1943年

56登板(内46先発) 432回2/3 0.73 勝率.756 34勝11敗 

完投39 完封19 奪三振253(率5.26) 四球168 死球1 四死球率3.52 暴投9 被本塁打3(率0.062) 被安打212 失点57 自責点35 WHIP0.88

 

【野手通算記録

549試合 .245(1275打数312安打)  42二塁打 9三塁打 15本塁打 151打点

133得点 29盗塁(.707) 
103三振 137四球 2死球 23犠打 0犠飛※ 22併殺※ 出塁率.319 

長打率.327 OPS.646

 

通算勝率、通算防御率、シーズン防御率、シーズン完封数と4つのプロ野球記録を保持している藤本英雄選手です。

1942年シーズン途中に東京巨人軍に入団。剛速球投手として名を馳せ、ルーキーながら無敗で10連勝を果たす。2年目の1943年は34勝、防御率0.73、253奪三振、勝率756、39完投、19完封などリーグトップの成績をいくつも叩き出した。この内防御率と完封数は現在でもプロ野球シーズン記録となっている。5月22日にノーヒットノーランも達成。

1944年には戦時であったことから人材が不足し、監督も兼任。戦況悪化から短いシーズンを送ったものの奪三振・完封数ではリーグ1位の記録を叩き出した。なお25歳での監督就任は現在でもプロ野球史上最年少記録である。

戦後もプロ野球を続け、中島治康が監督に就任するまで兼任監督を務めた。しかし、巨人再契約時の契約金がシーズンが終わっても支払われなかった。*1このことに不信感を抱いたために1947年に中部日本ドラゴンズへ移籍。しかしそれまでの酷使が響いたのかシーズン後半に肩を故障。翌年は三原脩の要請で巨人に復帰。シーズン当初は外野手として出場し、途中から投手として登板。新たに習得した「スライダー」を使って好成績を残す。

1949年にはラビットボールの影響で打高となるものの唯一防御率1点台を残すなど大きく活躍。

1950年6月28日の試合でプロ野球史上初の完全試合を達成。別所毅彦、大友工と共に巨人の三本柱として支え続けた。

1954年に指を怪我して1勝に終わり、翌年1955年の10月11日に200勝を達成。これが最後の登板となり、同年限りで引退。

引退後は二軍監督や一軍コーチを務めるものの球団内の騒動に巻き込まれる形で辞任。その後は社会人野球で大和証券の監督を務めて都市対抗に導くなど監督としても活躍。

1962年には読売新聞のロサンゼルス支局駐在員として巨人のアメリカ担当スカウトとして活動。1968年には祖国である韓国を訪問。各地で少年野球教室を開いたり韓国野球協会の設立にも尽力し、野球の普及に努めた。1976年に野球殿堂入り。

1997年4月26日に死去。享年78歳

 

 

 

査定について

今回は1943年を中心に査定しています。というのも上述の通り剛速球投手である1946年以前と技巧派としてのそれ以降では大きく変わっているので分けないといけない気がした。

基礎能力

球速は不明でしたが、戦前を代表する剛速球投手であることから153km/h

コントロール四死球率より。ただし四球をつけることで多少盛るように。

スタミナは投球回などからS98。2少ないのは見栄えのため。

 

変化球

おさーるDATA BOXさんより。ドロップと高速スライダー。また野球殿堂博物館よりシュートを確認。高速スライダーが代名詞みたいなものであり、青田昇曰く「伊藤智仁レベルのスライダー(意訳)」とのことだったのでHスライダーを大きめに。

シュートとの組み合わせで打ち取っていたことからシュートを多めにした。総変化は13。これは防御率が高すぎることによる措置。

 

特殊能力

対ピンチA:対ピンチ表より。

打たれ強さB:完投数が多いものの被打率.142ほどとそもそも打たれていないので少し抑えた。

ノビB:剛速球投手より。

勝ち運:通算勝率を考慮して。

リリース○:調整。そもそも防御率がね…。

尻上がり:完投数・完封数より。

キレ○:高速スライダーのキレを再現するため。

球速安定:剛速球投手への補正。

力配:流石にペース配分していないと400回も投げられません。

四球:コントロールの項参照

テンポ○:投球そのものが早かったらしいので。

 

野手能力

戦前の記録から概算。打数が少ないものの平均以上の打力はあったよう。投手ということも考慮して少し減らした。

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20181011015459p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

その他の選手についてはこちらから!

www.heroin-powerpro.com

*1:詳細を書くと球団代表から「シーズン後に返すので契約金を一度こちらに戻して欲しい」という求めに応じたところシーズン後に戻ってこなかった