パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB・パワプロ2018】豊田 泰光(遊撃手)※ルーキー【パワナンバー・画像ファイル】

新人王キャンペーンの続きです。

今回は豊田泰光

 

f:id:halucrowd:20200508231522j:plain

ご尊顔。

 

では能力

f:id:halucrowd:20200526115100j:plain

f:id:halucrowd:20200526115103j:plain

豊田 泰光

1953~1969年

ポジション:遊撃手 (一塁手 二塁手 三塁手) 投打:右投右打

経歴:水戸商業高校西鉄ライオンズ国鉄スワローズサンケイスワローズサンケイアトムズアトムズ

 

通算記録

1814試合 .277(6137打数1699安打)  269二塁打 47三塁打 263本塁打 888打点 980得点 215盗塁(.640)  

1024三振 934四球 20死球 77犠打 47犠飛※ 147併殺 出塁率.372 長打率.465 OPS.837

 

【新人王シーズン】1953年

115試合 .281(402打数113安打)  22二塁打 0三塁打 27本塁打 59打点 64得点 25盗塁(.676)  

92三振 31四球 3死球 3犠打 -犠飛 1併殺 出塁率.337 長打率.537 OPS.874

 

強打の二番打者として知られた豊田泰光選手です。

高校三年の夏に甲子園に出場。開会式では選手宣誓を務めたものの2回戦で敗退。しかし天性の打撃から高校No.1遊撃手として有名であり、当初は大学進学を考えていたものの家庭の事情からプロ入りを決意。

1953年に西鉄ライオンズに入団。ルーキーながら3戦目にして遊撃手のスタメンを飾り、主に下位打線を打っていたもののシーズン終盤には2番打者で打つことに。

初年度から持ち前の長打力を見せつけて高卒新人ながら27本塁打を放ち、当時の新人プロ野球記録を塗り替えた*1。走りでも活躍を見せて25盗塁も記録。

一方でその豪快な打撃の代償として92三振で最多三振を記録。守備面でも流石に1年目からプロに適応することは出来ずに失策を度々起こし、45失策と当時としてもかなり多い数字を残してしまったものの監督であった三原はその打撃や今後大成すると信じて起用し続けた。

 

査定について

1953年を参考にしています。公式の査定も少しだけ参考にはしています。

基礎能力

打撃能力は記録からなんとなく決めました。ミートはもう少し高くてもいいかと思いましたが、翌年の.241や豪快な打撃からこのあたりが妥当と判断。

走力は高めに。肩力は公式に準拠。

守備面は課題が残っているところなので遊撃手としては物足りない程度に。

 

特殊能力

チャンスE:打点が物足りないので。下位打線を打っていたことを考慮しても流石に少ない。

盗塁D:公式ではBになっていますが、成功率を見てもそこまで高くないことや総合力で魅せた選手であることから差し引きました。その分走力を上げています。

逆境○:風格から。野村克也曰く「勝負強い打撃」とのこともあるので。

 

雑談みたいな寸評

 

強打の2番打者の萌芽みたいな感じで良い感じですね。翌年から四球やバントが増えていますが、これは翌年の1954年から2番打者として起用されたことから出塁を気にするようになったこととバントもするようになったことが大きな原因だと思います。というかそれが原因の全部だと思います。

歯に衣着せぬ物言いの人物だったためそれっぽさを出すために逆境○をつけときました。カッコいいですね。

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20200526115319p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

 その他の選手はこちら

www.heroin-powerpro.com

*1:なお、新人記録としては長嶋茂雄が29本塁打で塗り替え、高卒新人記録としては清原和弘が31本塁打で塗り替えることとなる