パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

ペナント記録ー狼は兎の喉元を食い破れるかー 1年目後期

前回

www.heroin-powerpro.com

 

 

 

ということで1年目後期です。

なお、野球においての前半戦後半戦はオールスターゲームを境界として言われていますが、このシリーズでは72試合終了までを前期、それ以降を後期として扱います。

 

 

順位(セ→パ)

f:id:halucrowd:20210215140514j:plain

f:id:halucrowd:20210215140516j:plain

 

タイトル&月間MVP

f:id:halucrowd:20210215140726p:plain

 

f:id:halucrowd:20210215140730p:plain

f:id:halucrowd:20210215140904j:plain

f:id:halucrowd:20210215140910j:plain

 

ベストナインゴールデングラブ賞

f:id:halucrowd:20210215140946j:plain

f:id:halucrowd:20210215140949j:plain

f:id:halucrowd:20210215140953j:plain

f:id:halucrowd:20210215140957j:plain
 

リーグ別投手・野手成績

f:id:halucrowd:20210215141026j:plain

f:id:halucrowd:20210215141033j:plain

f:id:halucrowd:20210215141030j:plain

f:id:halucrowd:20210215141036j:plain

※オリジナル選手はそれまでのシーズン記録がないため新人王の条件である入団5年以内に該当する全選手から選ばれることになるため児島一斗が新人王となります。ご了承ください。


オリジナル球団&優勝チーム成績

京都アドバンスウルフ

f:id:halucrowd:20210215141123j:plain

 

f:id:halucrowd:20210215141125j:plain

NOBELボンバーズ

f:id:halucrowd:20210215141156j:plain

 

f:id:halucrowd:20210215141200j:plain

SANYOHフェニックス

f:id:halucrowd:20210215141218j:plain

 

f:id:halucrowd:20210215141221j:plain

IEGAグリフィンズ

f:id:halucrowd:20210215141238j:plain

 

f:id:halucrowd:20210215141241j:plain

セリーグ優勝(阪神タイガース

f:id:halucrowd:20210215141313j:plain

f:id:halucrowd:20210215141317j:plain

パリーグ優勝(東北楽天ゴールデンイーグルス

f:id:halucrowd:20210215141415j:plain

f:id:halucrowd:20210215141419j:plain

 

レギュラーシーズンが終了。セは阪神、パは楽天が優勝

2020/10/06

 昨日、ロッテとグリフィンズの第17戦が終了してセ・パ両リーグのレギュラーシーズンが終わった。

 セ・リーグは巨人・阪神・ヤクルトの3チームが終盤まで優勝争いをしていたものの阪神タイガースが最終戦まで首位を譲らず2005年以来15年ぶりの優勝を決めた。同率首位であった読売ジャイアンツとの直接対決での勝敗(9勝7敗)での決着と非常に白熱した優勝争いであった。

 パ・リーグは早々に東北楽天ゴールデンイーグルスが首位をひた走り、早々に優勝を決めていた。

 阪神はエース西に加えて今年KBOから入団したアルカンタラ、秋山の三本柱を軸にした強固な先発陣と主砲として覚醒した大山らの強力打線が上手く噛み合う結果となった。楽天は7年ぶりに帰ってきたエース田中とルーキー早川を始めとしたリーグ断トツの投手陣に3割打者こそいないものの抜け目のない強固な打線でパ・リーグを圧倒した。

 今月10日から日本シリーズへの進出をかけたクライマックスシリーズ1stが開幕する模様。セは巨人vsヤクルト、パは日本ハムvsホークス。

 

 

 

 

阪神35年ぶり2度目の日本一。ホークスは4連覇ならず

2020/11/01

 昨日、日本シリーズの第6戦が福岡paypayドームで行われ、阪神が3-2で制して35年ぶり2度目となる日本一を決めた。

 阪神は今年、KBOのトップ選手であるアルカンタラ投手、ロハスJr.選手を獲得。エース西や主砲大山らの活躍により15年ぶりの優勝を決めていた。対するソフトバンクはリーグ順位こそ3位だったもののCSファイナルで首位楽天の野手陣を封じて4年連続となる日本シリーズに進出。4連覇がかかっていたものの度重なる投手戦に野手陣が一歩及ばず敗退することとなった。

 MVPは度重なるリリーフでピンチを抑えた岩崎優が受賞した。

 

シーズンが終了。ウルフは3年連続となる最下位

2020/10/04

 昨日、坊っちゃんスタジアムで京都アドバンスウルフとNOBELボンバーズの第17戦が行われ5-3でウルフが敗北してシーズン最終戦を終えた。

 ウルフは昨オフにMLBの大物投手大神良と契約。加えて阪神タイガースから滝川康をFAで獲得。外国人は長距離砲ベイカー、剛速球投手ハミルトンも獲得して最下位脱出を図った。しかし大神良は開幕戦こそ良かったもののその後は不調が長く続き防御率4.96と期待を大きく外れ、滝川も前半戦こそ首位打者争いに加わる活躍をしていたものの後半戦から調子を崩して打率は2割中盤まで落ち込んだ。新外国人もベイカー、ハミルトンに加えてシーズン途中からデバイン、ホドキンソンを加入させたものの全く芽が出ず、大型補強のアテが大きく外れる結果となった。

 一方で主砲児島一斗は後半戦から失速こそしたものの43本塁打123打点を打って打者2冠に加えてチームは最下位でありながらリーグMVPも受賞。リリーフ陣も昨年に引き続きアウトバーンズが活躍。歴代2位となるシーズン88登板を記録して場面を問わず連投に連投を重ねた。

 新人ではドラフト1位の山下尚幸と6位の森谷大貴が活躍。山下はアウトバーンズと共にリリーフとして活躍。終盤こそ失点が目立ったものの防御率1点以下を常にキープし続けていた。森谷は不調の三好に代わる形で高卒ながら1年目から1軍昇格。持ち前の打撃を遺憾なく発揮して10本塁打を記録した。

 最下位ではあったものの昨年より内容がいいとして加納監督は続行がオーナーより明言されている。

 

雑感みたいな

1年目が終わりました。なんやかんや差を付けられて最下位なので狙い通りなんじゃないでしょうか。ちなみに出番プレイでの勝率はだいたいオートでの勝率と同じくらいだと思うのでちょうどいいでしょう(なにが?)

えー、最下位になった理由ですが8割くらいは大神が全く役に立たなかったことが大きいです。で、大神が全く役に立たなかった理由ですが何故か大神がほぼ常時絶不調で不調にすらならなかったことが大きな原因です。そら打たれるわな。結果的に2勝11敗とリーグ最多敗戦となりました。絶不調が継続した理由の推察は後述します。

野手陣は上記したように滝川が落ち込んだのが結構痛かったです。ただ、それまで何故か起用していなかった村井を起用したのと森谷が覚醒したのもあってトントンくらいだと思います。児島に関しては想定よりも仕事をしてくれたなという感じです。これが続くのは読み物として逆に面白くないのでそこそこ程度に頑張ってほしい。

2年目は流石に大神がしっかりと仕事をしてくれると思うので最下位脱出は出来るでしょう。多分…。

 

リーグ戦についてですがパリーグは想像以上に楽天の早川と田中が強かったです。ここまでとは…。まあこういうのは強い方が面白いのでそういうものとして見ましょう。セリーグ阪神KBOの怪物を2人入れたのでそこそこやってくれるとは思いましたが想像以上でした。アルカンタラ、ロハスJr.に関してはどちらも想定範囲内の活躍なので上手く嚙み合ったなというのが正直な感想です。

ちなみに楽天田中と阪神ロハスJr.の退団は決まっている(田中はFA、ロハスは帰国)ので戦力ダウンは避けられない形になっています。早くタイトル回収したいですね。

以上。次は1年目オフ編で。